マフラーカッター 送料無料/新品 トレジア シングル 下向き シルバー ステンレス スバル AX264 汎用 取付外径36~45mm /mastaba609017.html,ステンレス,マフラーカッター,取付外径36~45mm,シルバー,dtmguitars.info,下向き,汎用,770円,スバル」,シングル,トレジア,「AX264,車&バイク , カーパーツ , 外装・エアロパーツ /mastaba609017.html,ステンレス,マフラーカッター,取付外径36~45mm,シルバー,dtmguitars.info,下向き,汎用,770円,スバル」,シングル,トレジア,「AX264,車&バイク , カーパーツ , 外装・エアロパーツ 770円 マフラーカッター トレジア シングル 下向き シルバー 「AX264 汎用 ステンレス スバル」 取付外径36~45mm 車&バイク カーパーツ 外装・エアロパーツ 770円 マフラーカッター トレジア シングル 下向き シルバー 「AX264 汎用 ステンレス スバル」 取付外径36~45mm 車&バイク カーパーツ 外装・エアロパーツ マフラーカッター 送料無料/新品 トレジア シングル 下向き シルバー ステンレス スバル AX264 汎用 取付外径36~45mm

正規認証品!新規格 マフラーカッター 送料無料 新品 トレジア シングル 下向き シルバー ステンレス スバル AX264 汎用 取付外径36~45mm

マフラーカッター トレジア シングル 下向き シルバー 「AX264 汎用 ステンレス スバル」 取付外径36~45mm

770円

マフラーカッター トレジア シングル 下向き シルバー 「AX264 汎用 ステンレス スバル」 取付外径36~45mm

商品の説明



リアビューを引き締め、高級感を演出するマフラーカッターです。
サビに強いステンレス製で丁寧に磨き上げた鏡面加工です。
形状は、はねあげ形状です。
バンド締め付けタイプなので取り付けも簡単な上、マフラー本体にも傷をつけにくくなっております。
取り付け可能の外径は32mmから45mmです。

◆取り付けできない車種
以下に該当する場合は装着できません。
 (1) Aが購入商品の全長より短い場合
 (2) Bが40mm以下もしくはストレートでない場合
 (3) Cが10mm以下の場合
 (4) 現在のマフラーがしっかり固定できない形状の場合
 (5) マフラー出口から購入商品の入るスペースがない場合
その他、グレードや寒冷地仕様などによっては取り付けできない場合があります。必ずお車のマフラー形状をご確認ください。

※ 強く締め付け過ぎるとマフラーパイプを破損する恐れがありますのでご注意ください。
※ その際の脱落や破損等におきましても、当社は一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。

こちらの商品は汎用品のため、マフラーやバンパーの形状によって取り付けできない場合がございます。
ご購入前に必ず「取り付け可能外径」「取り付けできない車種」などをご確認の上、ご購入お願いいたします。ご返品、交換等は別途送料等を頂く場合がございますので、ご注意ください。

※商品の題名の車名は検索用のため、装着できることを保証するものではございません。

マフラーカッター トレジア シングル 下向き シルバー 「AX264 汎用 ステンレス スバル」 取付外径36~45mm

新しい技術

  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »
  • AMDとインテル:プロセッサーはウイルスと戦う?

    AMDは最近、Athlon 64プロセッサには現在のシステムでまだ悪用されていない機能があると報告しています。 「実行保護」と呼ばれるこの技術は、Athlon 64プロセッサを搭載したPCを、「バッファオーバーフロー」技術を使って攻撃を仕掛けるウイルス/ワーム攻撃から保護する必要があります。 このテクニックは、昨年、大きな打撃を受けたウイルス/ SoBigとBlasterによって使用されていました。 AMDは、マイクロソフトによってリリースされたパッチの50%近くが、一部のプログラムがPCの特定の「ゾーン」への書き込みアクセスを完全に阻止する「実行保護」テクノロジでは必要とされないと述べている。 Intellaは、次のプロセッサであるPrescott(2月にリリース予定)と同様の保護技術を提供すると述べた。 ただし、これらの保護を利用するには、2004年春夏期に計画されているWindows XP用MicrosoftのServicePack2の到着を待つ必要があります。 これらの技術を統合すれば、自発的に「バッファオーバーフロー」を引き起こすプログラムの円滑な実行が妨げられる可能性があります。

    続きを読みます »